どうやって探せばいい?こんなことを思ったことある方!是非目を通してください。

消費者金融の即日融資は古くからの常識

インターネット上で検索して得ることができる情報はとても便利です。
あらゆる事柄についての最新の情報を得るという点では、とても有効なツールですが、
過去のことについて知りたいときには、ちょっと難しい場合もあります。

特にネット上での申込みが主流となった消費者金融について、
当サイトにもあるように、「スマホやPCでネットからの申込みで即日で融資が可能」
といった内容のページが多く、以前はどうだったのか?
という情報はなかなか出てきません。

ある程度年齢を経た方ならさておき、若い方などでは即日での融資が
可能になったのは、ネットが普及したおかげ?と考えてしまう場合もないとはいえません。

昔は店頭まで足を運ぶしか選択肢はなかった

そもそも80年代までの消費者金融は、店頭へ足を運んで申込み、
その場で借入れというスタイルが普通でした。
電話やファックスでの対応ももちろんですが、
基本的には店舗が営業中であることが一つの条件といえます。
また大手と中小業者という経営規模の差はありましたが、
現在ほど大きな違いではありませんでした。

そして、90年代になると大手業者では無人契約機を導入して、
店舗が営業していない時間に、誰にも会うことなくその場での借入れができる
というメリットを活かして、顧客を拡大してゆきます。
これをきっかけに大手業者が上場企業となるなど、
大手と中小の間の差が広がっていったともいえます。

ネット申込みができるようになって変化したことは

インターネット経由でパソコンから申込みができるようになったのは、ここ10年ほど前?
パソコンそのものは普及してはいたものの、一家に一台は確実にあるとまではいえず、
家族での共有も多かったはずです。

申し込みは24時間、365日いつでも可能になりました。
これがネット申込みが可能になったことでの、もっとも大きな変化ですね。

さらに爆発的に普及したスマホによって、この状況はさらに変化。
すべての人がスマホを所有しているわけではないものの、
所有している場合には、個人専用端末として1人1台という場合が多く、
申し込みを行っても、家族などに知られてしまうリスクがとても少なくなったわけです。
このことからPCからの申し込みよりも、さらに手軽に利用できるようになったという流れです。

時間と曜日によっては制約が

これまでのこういった流れを踏まえて考えると、
それぞれに時間や曜日の制約はあるものの、即日での融資は当たり前で、
店頭か無人機か、はたまたネットか、といった申込み方法は、
利用者の利用しやすい方法を選択できるというのも、消費者金融の特徴であるといえます。